Seminar

認定資格セミナー

美ポジ®マイスター・美ポジ®アンバサダー認定資格セミナーはリニューアルします。

松平医師(ベストドクターズ(2018-19, 2020-21)にも選出)がお伝えする実践セミナー

美ポジ®(Bipoji)”とは、最適な姿勢=beautiful body balance position を表現した造語です

松平浩

東京⼤学医学部附属病院 22世紀医療センター
運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座
特任教授
医学博士 松平 浩

25年以上に及ぶ臨床・研究の中で、運動療法、薬物療法、ブロック療法、手術療法、認知行動療法、疫学研究、生体力学研究、脳機能画像研究等々を経験し、130論文を超える英文業績に加え、

  • NHKスペシャル“腰痛・治療革命” (2015年)
  • NHK「きょうの健康」 (2009年、2019年)
  • 日テレ「世界一受けたい授業」 (2017年)

をはじめとするメディアでの普及啓発歴も豊富です。

産業医と産業保健師のための「筋骨格系予防指導士」養成
~美ポジ®アンバサダー講座~

社員の4大プレゼンティーズム改善とウェルビーイングの向上を目指して
~オンライン講座でも確実に90%の社員満足度が得られる知識とノウハウ、学んでみませんか?~

腰痛、首/肩こり、メンタル不調、睡眠不足

腰痛対策の第一人者、松平医師(ベストドクターズ(2018-19, 2020-21)にも選出)が
お伝えするエビデンス重視の筋骨格系予防と包括的健康管理に役立つ実践セミナー

当講座では、テレワークの導入により社員の悩み事として増えている肩こりと、 患うと仕事への支障が無視できない永遠のテーマである腰痛対策を主軸に、 働く人の高齢化に伴い知っておきたい見識も含め、 産業現場での筋骨格系予防のコーチ(PCMC:Prevention Coach for Work-related Musculoskeletal Conditions)へ、 皆様を導きます。

私たちBipoji Labのメンバーは、
腰痛・運動器医療に貢献し「腰痛で悩む人をゼロにする」というミッションを掲げています。
この活動を一緒に目指していただけませんか?

美ポジ®アンバサダー講座(PCMC養成セミナー)の内容

この筋骨格系予防指導士の養成講座は、座学は11月27日と12月4日にオンライン(Zoom)で行いますが、 両日ともオンデマンドでのアーカイブ受講も可能です。
2月19日(土)の13時~は履修確認のためのテスト(点数はつけません!)と質疑応答の時間を、 3月19日(土)にオフラインとオンラインで、体操指導の試験を行います。

座学

オンラインまたはアーカイブ受講(11月~1月)
予定案:一部変更の可能性があります

腰痛と肩こりの疫学(危険因子を含む)

腰痛の肩こりの原因・基本

生活習慣と腰痛に関わる知識とその対策

腰痛とストレスの関係
~脳科学とスクリーニング法からソリューションまで~

プレゼンティーズムの実態

オランダの労働参加を促す労働衛生最新ガイドラインを踏まえた腰痛/坐骨神経痛に対する産業医・保健師の対応

コロナ禍に増えた社員の困り事へ応えるために
~よくある質問 Q&A 22~

  • 肩こり予防・改善に役立つ体操は?
  • 首こり・首痛の対策は?
  • 腰痛予防・改善に効くストレッチは?
  • 体操を行うおすすめのタイミングは?
  • 飽きやすい性格でも体操を継続できるコツは?
  • ギックリ腰になった時の対処法は?
  • 腰ベルトやコルセットは効くの?
  • マッサージや整体の有用性は?
  • ギックリ腰を繰り返さないためには?
  • 反り腰におすすめの体操は?
  • 重量物作業時の注意点は?
  • 子供の抱っこ時に気をつけることは?
  • ゆがみが気になり片側だけ痛い場合は?
  • 腰痛になりにくい体づくりのポイントは?
  • ヘルニアでも体操して大丈夫?
  • 腰痛や肩こりでも病院に行く目安はある?
  • 腰痛や肩こりに効く薬は?
  • 首や腰に負担がかかりにくい座り方は?
  • 立ち仕事時の姿勢の注意点は?
  • ハイヒールを履いている時に気をつける点は?
  • 少しでも運動不足を解消するコツは?
  • 四十肩/五十肩によい対策は?

産業現場での実際と最近の話題

  • 産業保健師の立場から① 職場全体での腰痛予防の取組みと個別対応の事例紹介
    (三井化学保健師:楠本真理 美ポジアドバイザー)
  • 産業保健師の立場から② 社内での健康づくり活動を広めるための極意
    (エクサ保健師:白田千佳子 美ポジアンバサダー)
  • 産業理学療法士の立場から シニア労働者に向けた健康づくりの傾向と対策
    (東大病院22世紀医療センター理学療法士:川又華代 美ポジスタッフ)

社員のウェルビーイングを高めるために

  • 「健康経営」“深”化の方向性
    (MS&インターリスク総研部長 森本真弘、美ポジアドバイザー)
  • ウェルビーイングを高めるための先進的な取組みの実際
    (アビームコンサルティング保健師 安倉沙織、美ポジアドバイザー)

仕事と治療の両立支援・基本

確認テストと全体質疑応答

2022年2月19日 オンライン受講

腰痛・肩こりこれだけ体操とスクワットの指導テスト

2022年3月19日 オフラインまたはオンライン受講

これまでの美ポジ®アンバサダー講座を履修された方々の声

  • 産業保健の分野でプレゼンティーズムに影響する、肩こり、腰痛、睡眠などに関連する情報をお伺いできると言うことで参加しました。 最新の科学的な根拠に基づき、大変わかりやすく実践的な講義の内容は、期待以上でした。 講座で学んだ内容は早速、産業医として勤務する企業でリモートワークの労働者に対し、教育に利用をさせていただき、とても好評でした。 労働者の疾病予防や症状の悪化防止、労働生産性の向上に寄与したいと考える産業保健スタッフには、特にお勧めです。
  • 社員の健康問題で一番多い訴えは腰痛、肩こりなどの筋骨格系に関することですが、具体的なアドバイスを産業医として持ち合わせていませんでした。松平先生の講演を聞いて、美ポジのセミナーに関心を持ち、受講しました。 受講後は自信を持って、これだけ体操などを紹介できたり、在宅勤務が増える中で、社員に有効なアドバイスを提供でき、感謝されるケースもありました。また、研修受講後も、定期的に最新の情報提供いただけるのもとてもありがたいです。 産業医は昨今、オールラウンダーとしての専門性が求められます。本研修は筋骨格系の予防を含めて、最新の知見を効率的に学ぶことができ、今後も学び続けることができる貴重な機会かと思います。
  • 私は製造業で働く産業保健師です。 講座受講前から、腰痛対策には強い関心があり、松平先生のご講演を聞いたり本を読んだりして、自分なりに理解し、業務に役立てていました。 これまでは人に情報を伝えることが中心でしたが、今回、こちらの講座で体系的に学ぶことにより、職場での積極的な対策を検討することや個別指導を、さらに根拠に基づく自信をもってできるようになり、腰痛対策の活動の幅が拡がったと感じています。 もちろん、まだ学ばなければならないことや対応に悩むことも多いのですが、困った時には松平先生に相談することもできますし、さらに今後もフォローアップとして学び続ける場があるというのも心強く感じています。
  • 運動器の側面のみではなく、食事、運動、睡眠などのリズムの作り方が生活指導に繋がると思いました。
  • 腰痛や肩こりだけでなく、身体のトータル的な話を聞くことができた。予防の観点からもとても大事なことだと感じていました。
  • 内容が豊富で、エビデンスに基づいており、わかりやすかったです。食事や睡眠など産業保健の分野でも活用できそうなお話を伺う事ができ、ありがとうございました。
  • たくさんのエビデンスとソリューションをご紹介いただき、ただ知識を得るだけでなくすぐに活用できる内容でした。
  • 現在の活動に直接関わってくる内容でしたのでとっても良かったです。最新の情報を惜しみなく出していただき本当にありがとうございました。
  • サルコペニアや栄養など総括的に学ぶことができて良かったです。
  • コミュニケーション方法なども含めた内容がエビデンスで裏付けられた構成で、実践に向けてとても役に立つ視点がわかりやすかったです。
  • 想像していたより、様々な観点から腰痛等の対策や評価を知る事ができ、大変勉強になりました。
  • 腰痛を疾患としてだけではなく、社会的問題として捉えていること自体が他では聞けないので非常に興味深かったです。さらに実際のアプローチ方法をありとあらゆる可能性に立って取り組まれていることに感銘を受けました。
  • 医学/行動医学・行動経済学/環境衛生学(エルゴノミクス)のエビデンスに基づき、エキスパートから理論と実践、そして事業環境整備の0次予防をデザインするガイドを体得できる本講座は、働くことのSDGs価値を高めるこれからの時代に極めて投資価値の高い活動と感じました。

などの嬉しい感想が寄せらせています。

テレワークが増えたコロナ禍の今、
自信を持って社員の筋骨格系課題に対する予防指導ができることを目指して・・・

日時

11月27日(土)13:00〜17:00座学(オンラインまたはアーカイブ)
12月4日(土)13:00〜17:00座学(オンラインまたはアーカイブ)
2月19日(土)13:00〜15:00確認テストと全体質疑応答(オンライン)
3月19日(土)13:00〜腰痛・肩こりこれだけ体操とスクワットの指導テスト(オンラインまたはオフライン)

3月19日の終了時刻は受講者数によります。

受講料(税込み)

個人または法人より1名ご参加
66,000円/人
同一法人より2名ご参加
49,500円/人
同一法人より3名以上ご参加
44,000円/人

協賛

株式会社 新日本科学

後援 (五十音順)

MS&ADインターリスク総研株式会社
株式会社 エムステージ
NPO法人 企業の健康いきいきプロジェクト
健康いきいき職場づくりフォーラム
株式会社 産業保健コンサルティングアルク

整形外科診療に携わるPTとDrのための
「包括的腰痛管理セラピスト」養成
~美ポジ®マイスター講座~

「腰痛」「慢性疼痛」「運動器リハビリテーション」分野の
包括的トップスペシャリストを目指してみませんか?

松平医師(ベストドクターズ(2018-19, 2020-21)にも選出)がお伝えする
包括的腰痛管理に向けた実践セミナー

当講座では、EBMを踏まえたVBM(価値に基づく医療)を実践できる
包括的腰痛管理(CBM:Comprehensive Back Pain Management)のスペシャリスト
へ、皆様を導きます。

私たちBipoji Labのメンバーは、腰痛・運動器医療に貢献し「腰痛で悩む人をゼロにする」というミッションを掲げるともに、

  • 回復期リハ/生活期リハに携わる医療者+患者さんへのYORISOI
  • すべての人々の包括的な健康リテラシー向上へのSUPPORT

をモットーとしています。
これらを一緒に目指していきませんか?

これまでの美ポジ®マイスター講座を履修された方々の声

  • 今までの自分の活動に足りなかった情報が得られました!ありがとうございます。大満足です。
  • 非特異的腰痛にも、こんなにも真剣に向き合っている医師をみて見方がすごく変わりました。
  • 説明が分かりやすく、最近の研究知見が学べました。
  • 慢性腰痛の体系から治療まで包括的な理解が得られて臨床に生かせています。
  • 身体機能面のみでなく、心理面も含め全体像を把握しやすい構成になっていて、とてもわかりやすかったです。
  • 心理社会的アプローチを深く学べたので、組織学的に考えられる原因以外にもアプローチできるようになり、治療の引き出しが増えました。
  • 腰痛に関する学術的な知識を多く知ることができ、腰痛と心理面の関係性についての考え方を学ぶことができて良かったです。
  • 評価の視点、施術内容の選択の考え方、認知行動療法まで幅広く学べました。
  • サルコペニアやフレイルについて、またその予防のための評価やアプローチを教わり現場でかなり活かせています。
  • 自主練習をして頂けないケースへの行動変容の方法を考えられるようになりました。
  • 問診でスクリーニングが早くできるようになり、以前より治療結果が出せています。
  • 腰痛だけではなく、様々な視点から体のメカニズムを知ることができました。

などの嬉しい感想が寄せらせています。

美ポジ®マイスター講座(CBMセミナー)の内容

この包括的腰痛管理セラピストの養成講座は、オンラインでの以下の3パート(予定案:一部変更の可能性があります)から構成され、 実技研修と同業種間でのグループディスカッションも行います。

1. 腰痛診療のプロになる

腰痛の基本トリアージとフラッグシステム

  • レッド/イエロー/ブ ルー/ブラック・フラッグ
  • 逃し注意!腰痛の鑑別診断の基本
  • Fear-avoidance model

腰痛のメカニズムに応じた対策

  • 生体力学基本と“腰痛借金”
  • 中脳辺縁系ドパミンシステム/下行性疼痛制御系/中枢性感作
  • 層化アプローチの重要性と心理的要因スクリーニングツールの活用法
  • メカニカルな痛みと中枢機能異常(centralized pain)の見極め
  • モーターコントロールとジョイント・バイ・ジョイント理論のコンビネーション
  • 腰痛の運動療法 ACEコンセプト
    A :アライメント C :コアマッスル E :内因性物質の活性
  • いわゆる腰痛症の病態
    (椎間板性/椎間関節性/仙腸関節性/脊柱起立筋付着部炎/筋筋膜性と中枢機能異常)とその対策
    (運動療法と薬物療法のコンビネーションを中心に)
  • 前屈障害の鑑別
  • リモートオンラインでも可能な腰痛運動療法の実際

腰椎由来の神経障害性疼痛診療の実際

  • 腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアに対する運動療法

ブロック療法と手術療法の適応

慢性腰痛に対しエビデンスレベルが高い集学的治療を整形外科クリニックで取り入れよう!

2. 包括的な運動器診療のプロになる

松平式運動器アプローチ法 : 介護予防のためのASOコンセプト
A:矢状面アライメント S:サルコペニア/ ダイナぺニア O:骨粗鬆症

  • ASOコンセプトを踏まえた評価とアプローチ(運動療法)の実際
  • 日常診療に役立つpromoting and supporting the self-management
  • 骨粗鬆症性椎体骨折の保存的治療を再考する
  • トランクソリューションの臨床活用事例の実際
  • 栄養指導
  • 薬物治療

膝OAの基本とエビデンスに基づいたアプローチ

見逃し注意!肩こりの鑑別診断基本

頚椎捻挫(鞭打ち症候群)概説

包括的な視点でのリハビリテーション

  • 歩行速度を向上させることの意義は?
  • 知っておきたいマイオカインの知識
  • 介護保険制度における整形外科クリニック・リハの方向性
  • 筋電システムとデジタルヘルス

3. 心理社会的アプローチと行動変容のプロになる

生物心理社会モデルの実際

  • レスポンデント条件付けとオペラント条件付け
  • 痛み行動
  • 慢性痛に多いパーソナリティ・スタイル
  • 発達障害と慢性疼痛

整形外科クリニックでも取り入れられる認知行動療法

  • 痛みの精神医学的評価とそれに対応する認知行動療法
  • 第三世代認知行動療法の上手な活用法
  • 心理社会的フラッグシステムを活用した対応の実際

患者の行動変容をもたらすには?

  • TTM理論
  • nudgeの活用
  • “痛いから動けない”に対する動機付け面接を活用したアプローチの実際

将来の兼業ネットワーク/協業に関心がある方、歓迎します。

コロナ禍の今、
「木を見て森を見ず」から「森を把握し木もしっかりと診る」の医療へ・・・。

エビデンスを踏まえつつ日常臨床に役立つ実践的な内容となっておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

日時

第1回2021年11月14日(日)10:00〜16:00
第2回2021年12月12日(日)10:00〜16:00
第3回2022年1月30日(日)10:00〜16:00
第4回2022年2月27日(日)10:00〜16:00
第5回2022年3月27日(日)10:00〜16:00

第1回から第4回はZoomを使用したオンライン開催、第5回は東京の会場での開催を予定しています。
第4回は質疑応答中心の講義を予定しています。
第5回は午前中に総復習の講義を行い、午後より美ポジ®包括的腰痛管理セラピスト認定試験を実施します。

受講料(税込)

220,000円/人

受講特典

  • マイスター講座をお申し込み頂くとアンバサダー講座も受講いただけます。
  • 松平医師の著書を進呈

協賛

株式会社 新日本科学

後援

医療法人社団 春陽会 参宮橋脊椎外科病院